2万円で作る素敵銀行からお金を借りる!

2万円だけを借りる時、銀行からお金を借りる必要性は感じないかもしれません。銀行からお金を借りるためには厳しい審査を通過しなければならず、また時間もかかる傾向があります。地方銀行や信用金庫では、店舗窓口まで行って申し込みをしなければならないというタイプのカードローンも多いです。

大手の消費者金融を利用したほうが、2万円くらいを借りる時にはメリットがあるかもしれません。しかし、本当に2万円だけを借りたらその後はいっさいカードローンを利用しないというケースを除いて、銀行でお金を借りることのほうがメリットが大きいでしょう。

2万円を借りたが、3ヶ月くらいしたらまたお金を借りる必要ができたという時、消費者金融でお金を借りたという記録が信用情報に残っているとやや不利になります。それならば、最初から銀行でカードローンを作っておいたほうがいざという時に有利です。

銀行で14%くらいの低金利カードローンを作っておけば、2万円を借りた後、また追加融資を受けたくなった時に、同じカードローンを使って低金利でお金を借りることができます。地方銀行や信用金庫はその地域に住んでいる人しか利用できないですが、対象が限られている分有利な商品が用意されていることがあります。例えば、金利が固定で8.0%というカードローンなら、限度額50万円で借りても年8.0%という低金利で借りることができます。まずは自分が住んでいる地域の金融機関を検討してみるのが良いでしょう。